『教育パパですが、何か?』のつぶやき(Vol. 41)

こんにちは。『教育パパですが、何か?』です。

 

幼児期の学力の差は気づきにくいものです。

 

小学校低学年でも親が意識しなければ学力の高低に気づかないかもしれません。

 

小学3年生くらいになってテストの点数が悪くなってから気づくパターンが多いように思います。

 

幼児期に子どもをよく観察しておくことが大切です。

 

早めに対策が打てます。

 

 

今週(2021年9月6日~2021年9月12日)のTwitterのつぶやき(フォロワー数は約12,000人)を以下にまとめています。小5娘の学習ネタ、1歳娘の育脳ネタなど「楽しい教育パパママのすすめ」について発信しています。

 

 

2021年9月12日(日)

子どもに「そんなこともできないのか」と思うことがある。そんなときは自分の子ども時代を思い出すといい。出来ていなかったことが沢山あることに気づく。この思考によって親の『待つ』という選択肢を取りやすくなる。大人からしたら簡単なことも、子どもには難しいということを忘れてはいけない。

 

2021年9月11日(土)

次女(1歳6ヶ月)が『ベストキッズオーディション2022』の二次審査に合格した。何事も経験だと思って応募したもの。来年の冬、父娘で舞台を一緒に歩くランウェイ審査という楽しみが一つ増えた。

 

2021年9月10日(金)

親が子どもの勉強に関わるとき、幼児期に最も関わり、そこから徐々に減らしていくのが理想的である。「自分はできる」と子どもに思わせるために、幼児教育には時間とお金を一番使うのが効果的である。しかし現実には、子どもが小学生になってから最も勉強に関わる親が多いように思う。

 

2021年9月9日(木)

受験塾に通って2ヶ月、小5娘が夏休み最後の塾のテストで数百人の上位5%に入った。夏休みは自主的に算数の特訓をしていたので、この努力が報われるといいなと思っていた。ここで大切なことは、良い点を取ったということではなく、努力が結果に繋がるんだということを体験できたことにある。

 

2021年9月8日(水)

次女(1歳6ヶ月)へのプログラミング的思考の教育。幼児教室に行かなくても日常の中で行うことが可能である。例えば、エレベータのボタンは一つの教育教材である。「開」を押せば空くし「閉」を押せば閉まる。行き先ボタンを押せばその階に向かう。こういう日常の些細なことでも教育に繋げられる。

 

2021年9月7日(火)

子どもの好奇心を潰さないように親が待つ。次女(1歳6ヶ月)と散歩しているときは、なるべく次女の興味の赴くままに付き合っている。先日、次女が散歩の途中で排水溝に流れる水をずっと見ていたので、黙ってしばらく一緒に見ていた。無意味に思える時間も子どもにとっては貴重な時間のような気がする。

 

2021年9月6日(月)

小学校高学年からは、勉強習慣が身につきにくくなるだけでなく、勉強習慣がなくなってしまう恐れもある。それは小学校高学年から勉強が難しくなるからである。早くに勉強習慣を身につけ、基礎学力を早くから身につけておくと、勉強習慣が持続しやすい。

『教育パパですが、何か?』のつぶやき(Vol. 40)

こんにちは。『教育パパですが、何か?』です。

 

しつけという名の下で、子どもを支配しようとする毒親ってなんなんでしょうか?

 

先日、小学校低学年くらいの女の子が「買い物かごはどこ?」って母親に聞いただけで、母親から「ここにあるやろがー、ちゃんと見とけやー」って怒鳴られていました。

 

おー、怖っ。

 

怒鳴ることではないですし、言葉遣いもかなり汚かったです。

 

こういう家庭で育つと、高い確率で娘もこのような言葉遣いになるように思います。さらに、このような言葉を使う人たちと連むようになるかもしれません。

 

恐らく旦那さんにもそういう言葉遣いなんだと思います。

 

 

今週(2021年8月30日~2021年9月5日)のTwitterのつぶやき(フォロワー数は約11,900人)を以下にまとめています。小5娘の学習ネタ、1歳娘の育脳ネタなど「楽しい教育パパママのすすめ」について発信しています。

 

 

2021年9月5日(日)

コロナの感染爆発で必要になるもの。動脈血の酸素飽和度を計測する『パルスオキシメーター』。コロナの自宅療養が増えているため、保健所からの貸出が遅延しているという情報が入ってきた。次はこれが品薄になるのか?小5娘が小学校に通うようになったが、親がワクチンを打つまでは気が気でない。

 

2021年9月4日(土)

読書習慣が学力に良い影響を与えることが科学的に示されているが、この影響は想像以上に大きい。ほぼ全ての学習が文章を読むことが基本にあるので、小学校での勉強だけでなく、大人になってからの多くの学習に関係する。さらに、文章の読解力だけでなく人の話を理解する力も向上するだろう。

 

2021年9月3日(金)

小5娘の授業はオンラインと対面のハイブリッド、この配慮はなかなか素晴らしい。ただ、午前か午後のどちらかしか行わない短縮授業には合点がいかない。残りはオンライン授業で補っても良いように思う。ネット環境がない家庭への配慮なのかもしれないが。

 

2021年9月2日(木)

タブレットが配布されたのに短縮授業や休校って意味がわからない。タブレットを使ってライブ授業しないの?」こう思っている親御さんは多いのではないかと思う。小学校は、これからコロナを理由にした短縮授業や休校が難しくなっていくだろう。ライブ授業の基本環境が整備されてしまったので。

 

2021年9月1日(水)

乳児に薬を飲ませるのが難しい。『おくすり飲めたね』というゼリーがかなり素晴らしい。次女(1歳6ヶ月)が風邪を引いたとき、薬を飲むのを強く拒否したが、『おくすり飲めたね』のゼリーで包んだ薬はもっと欲しいとなった。風邪をひいたとき特別にもらえる食後のおやつ。

 

2021年8月31日(火)

しつけに対する親の自己満足。こういう親は、叱ることで子どもが直ると思い込んでいて、叱ることを正義だと感じている。こうなると、子どもは叱られることに慣れてきて効果がないどころか、叱る親に嫌悪感すら抱くだろう。さらに、親は叱ることをエスカレートさせるかもしれない。

 

2021年8月30日(月)

幼児が育脳しながらお菓子やジュースの食品添加物を摂取するのは矛盾がある。一部の親はこのことに気付いていない。脳が食べ物で作られていて、食べ物を燃料に動いていることは案外意識されていないのである。食品添加物の摂取をゼロには出来ないが、減らせるところで極力減らしたいものである。

『教育パパですが、何か?』のつぶやき(Vol. 39)

こんにちは。『教育パパですが、何か?』です。

 

目の前に『無料の麦茶』と『ジュースの自動販売機』があるとします。

 

子どもは喉が渇いたと言っています。

 

このとき親としてどうしますか?

 

私は『無料の麦茶』の一択しかありません。

 

お金を支払って体にあまり良くないジュースを子どもに選択させる意味が全く分かりません。二重でマイナスです。

 

このような状況で幼児に炭酸飲料を買っていた親を目の当たりにして、とても驚いたという実際の話でした。

 

 

今週(2021年8月23日~2021年8月29日)のTwitterのつぶやき(フォロワー数は約11,850人)を以下にまとめています。小5娘の学習ネタ、1歳娘の育脳ネタなど「楽しい教育パパママのすすめ」について発信しています。

 

 

2021年8月29日(日)

本当の勉強習慣とは、たとえ親が子どもの勉強を監視しなくなっても、子どもが勉強を続けることである。親の監視がなくなって勉強をやめるようなら、本当の勉強習慣は身についていない。勉強は自分のためにやるもの。

 

2021年8月28日(土)

中学受験を目指す小学生にとって、夏休みは差が出る重要な期間である。学校がないのでやらない子は1日中勉強しない。小5娘は自主的に受験塾・タブレット学習・通信教育・学校の宿題を並行して進めている。親は口出しをしていない。この勉強習慣のヒントがここにある。

 

2021年8月27日(金)

正負の数の計算は簡単なのに、なぜ算数ではなく数学なのか。正負の数による加算はまだよいが、乗除はもはや日常に適用できない。例えば、なぜマイナスとマイナスを掛けたらプラスになるかの直感的な説明は小学生には難しい。

 

2021年8月26日(木)

育児が常にうまくいくとは限らない。うまくいかずにイライラするときもある。次女(1歳6ヶ月)の育児でうまくいかないときは、未満児で生まれながらも、頑張って成長してきたこれまでの過程を思い出すようにしている。そうすると冷静になってまた頑張れる。

 

2021年8月25日(水)

算数力は計算力であると言うことがある。確かに計算力がないとそもそも算数力を鍛えることができない。しかし、本当に算数力を鍛えるには計算力だけでは不十分。将来的にみても、算数力は計算力より算数における思考力の方が大切である。

 

2021年8月24日(火)

3歳になるまで幼児にジュースをやらない。脳を作る重要な時期なので、ほとんどが麦茶か水で済ます。小5長女にこれを実践してきたせいか、今でもジュースはあまり飲まない。水とジュースを出されて水がいいと言うときもあった。当然、次女(1歳6ヶ月)にもこれを実施していく。

 

2021年8月23日(月)

育児は難しい。これまで数多くの育児書を読みあさり頭に叩き込んできた。しかし、実際の育児はそう簡単にはいかない。本で全てが理解できるほど甘いものではない。それは育児の基本が親子の人間関係の上にあるからである。知識に加えて、目の前の子どもをちゃんと見ることが重要である。

『教育パパですが、何か?』のつぶやき(Vol. 38)

こんにちは。『教育パパですが、何か?』です。

 

話せない1歳児でも、親の言うことをかなり理解します。

 

最近、次女(1歳5ヶ月)とよく散歩に出かけるようになりました。毎日定刻になると、一緒に散歩に行こうと一生懸命ジェスチャーをしてきます。

 

そして、すぐに出かけられないと泣きます。

 

しかし、「今から着替えるから待ってて」とか「靴下を用意しているから座ってて」とか言うと、泣き止んで待っててくれます。

 

言葉を理解するしないに関係なく、話せない1歳児でも、子どもとコミュニケーションが十分にできるということです。

 

さらに、話せない1歳児でも、親子のコミュニケーションは親子関係を良好にします。

 

 

今週(2021年8月16日~2021年8月22日)のTwitterのつぶやき(フォロワー数は約11,800人)を以下にまとめています。小5娘の学習ネタ、1歳娘の育脳ネタなど「楽しい教育パパママのすすめ」について発信しています。

 

 

2021年8月22日(日)

意味の分からない語彙があったら辞書を引けと言う。しかし、必ずしも辞書で引くことだけが良いとは限らない。分からないことを親や友達に聞くことよってコミュニケーションが生まれるメリットがある。さらに、そこから会話が発展する可能性もある。何でも画一的なモノの見方はよくない。

 

2021年8月21日(土)

最初から完璧な親なんかいない。子育てでは、自分が未熟だということを自覚しながら努力し、親としてたくさんのことを学んでいく。人間としては一人前だとしても親としては半人前だということを痛感させられるものである。

 

2021年8月20日(金)

仕事を楽しくするのは、仕事の内容というよりは仕事の裁量権にある。勉強でも同じことが言えそう。こういう観点からも、子どもの勉強に親があまり口出さない方がいい。勉強を楽しくするのは、勉強の内容というよりは勉強の裁量権にある。強制される仕事や勉強は楽しくない。

 

2021年8月19日(木)

ICT教育にズレがある。ICT教育は、教育におけるICT機器(タブレットやパソコン)の活用であって、ICT機器を使いこなせるようになる教育ではない。ICT機器を使いこなせることは大切であるが、教育はその後が肝心である。『ICT機器を使いこなすことを目標に』とか言われるとズレているなあと感じる。

 

2021年8月18日(水)

兄弟や姉妹がいると、親はつい弟や妹を優先してしまいがちである。「お姉ちゃんでしょ」といった具合に姉や兄に我慢を強いる形である。しかし、姉や兄が先輩なのだから「妹でしょ」といった具合に妹や弟に我慢を強いる機会があってもよい。

 

2021年8月17日(火)

子育てはどこかであきらめの感覚が必要である。何でもかんでも求めては子どもが可哀想である。親は自分が小学生の時にできていたことが我が子ができなかったりすると、子どもにガミガミ言ってしまいがちである。しかし、親が小学生のときにできていなかったことが我が子はできている部分もある。

 

2021年8月16日(月)

理解するしないに関係なく、話せない1歳児にも説明することが大切。例えば、次女(1歳5ヶ月)が出かけたいと言ってきてもすぐに出かけられないときがある。そのうち待てなくて泣いたりもする。そんなときは「今から着替えるから待ってて」とちゃんと説明すると意外に待っててくれる。

『教育パパですが、何か?』のつぶやき(Vol. 37)

こんにちは。『教育パパですが、何か?』です。

 

勉強に対して良い影響を与えてくれる存在に、親だけでなく、教師、友人、映画、ドラマ、書籍など様々なものがあります。

 

親がいくら頑張っても限界があり、子どもにはこのような様々な人やものに触れて欲しいと思います。

 

ドラゴン桜2』は勉強を前向きに捉えられるとても面白いドラマです。

 

小5娘はこのドラマを2回観ていましたが、今後も、中学受験前、高校受験前、大学受験前と重要なポイントで観て欲しいと思います。

 

勉強のモチベーションを維持してくれる貴重なものです。

 

 

今週(2021年8月9日~2021年8月15日)のTwitterのつぶやき(フォロワー数は約11,750人)を以下にまとめています。小5娘の学習ネタ、1歳娘の育脳ネタなど「楽しい教育パパママのすすめ」について発信しています。

 

 

2021年8月15日(日)

最近は次女(1歳5ヶ月)とよく散歩をしている。次女の探究心を育むために、次女の興味の赴くまま行きたいところに行かせている。親は寄り添ってついていくだけ。時間がかかる散歩ではあるが、次女は自分で行きたいところを選択しているので、次女の探究心はとても満たされていると思う。

 

2021年8月14日(土)

タランティーノ氏は夢をこき下ろした母親に一銭も与えないと誓っている。彼の「子どもたちに対処する際、自分の言葉には重大な結果が伴う」という発言は、全ての親が肝に銘じておくべき重要なことである。子に対する親の言葉にはそれだけの重みがある。

 

2021年8月13日(金)

ドラゴン桜2』は勉強を前向きに捉えられる面白いドラマである。小5娘に観て欲しかったので録画を残しておいたものの、娘は観たくないとずっと言っていた。高校までには観て欲しいなと気長に思っていたところ、先日娘が『ドラゴン桜2』を観ていた。相当面白かったのか2回観ていた。

 

2021年8月12日(木)

次女(1歳5ヶ月)が話せる数少ない言葉の中に「できた」がある。「できた」は相手のやる気をアップさせる言葉である。些細なことでも次女が何かできなら「できた!」と何度も言ってきた。そして次女は私が何かできると「できた!」って言ってくれる。

 

2021年8月11日(水)

小5娘が最近約分の計算をよくしているので、約分する意味について娘に語ってみた。例えば、25/125だと割合の本質が見えないが、約分して1/5にすれば2割ということが見えやすい。約分には、簡略化して物事の本質を見る基本がある。

 

2021年8月10日(火)

1歳児の意思。次女(1歳5ヶ月)の寝かしつけにおいて、次女は自分のタイミングで寝たいらしい。これまでは妻に抱っこされながら寝るモードに入り、そのあとベッドに置くと寝ていた。先週からは、抱っこで寝たくなったらベッドを指差すようになった。指差す前にベッドに置くと怒る。

 

2021年8月9日(月)

算数が重要じゃないという人は算数の具体的なところしか見ていない。思考という抽象的な部分では、基本的な考え方の訓練になる。例えば、目の前に難しい問題があったとき、自分が知っている知識を総動員して、仮説を立てながら検証していく。算数はこの基本が学べる教科であると言える。

『教育パパですが、何か?』のつぶやき(Vol. 36)

こんにちは。『教育パパですが、何か?』です。

 

小学校のテストでほとんど100点だったとしても、外部模試で高得点が取れるとは限りません。平気で60点とかを取ったりします。

 

みんな100点を取ってしまわないように、テストが難しくなっているわけです。

 

小学校での外部模試は全員が受けてくるものではなく、勉強に対する意識が高い子がほとんどになります。

 

この難しいテストでは普段味わえないような経験ができます。全て解こうとすると解ける問題も解けなくなりますので、いかに難しい問題を諦めて、解ける問題を確実に取るかの戦略を立てる必要があります。

 

こういう戦略を立てることが小学生から経験できる外部模試は非常に貴重な存在です.

 

 

今週(2021年8月2日~2021年8月8日)のTwitterのつぶやき(フォロワー数は約11,750人)を以下にまとめています。小5娘の学習ネタ、1歳娘の育脳ネタなど「楽しい教育パパママのすすめ」について発信しています。

 

 

2021年8月8日(日)

次女(1歳5ヶ月)への読み聞かせの成果が目に見えて出てきている。先日保育士さんから「娘さんは本が好きなんですね、集中力もあります」と言われた。これは長女のときに言われたセリフと全く同じ。長女の読み聞かせは10,000冊を超え、次女は3,000冊を超えている。興味は集中力を向上させる。

 

2021年8月7日(土)

ガリ勉は総合力に欠けるので、教育パパとしては子どもにガリ勉を求めていない。小5娘はガリ勉タイプではなく趣味などを優先するので、宿題は後回しである。しかし、毎日自主的に勉強している。『子どもが自然と勉強するようになる、科学的根拠に基づくたった2つのこと』7/13にnoteにまとめた。

 

2021年8月6日(金)

学力にばらつきがある小学校で一律の宿題を出す是非が問われている。今後、この解決に向けて期待されているのがタブレット学習である。タブレット学習は個人の学力を把握し、個人に最適化された宿題を出すことができる。小5娘がハマっているタブレット学習(RISU算数)についてnoteにまとめた。

 

2021年8月5日(木)

小学校のテストは簡単なので答案に死闘が見られないが、外部模試の答案には死闘が見られる。点数や偏差値という結果だけでなく、子どものそういう答案を見ることも親として大切だと感じる。どの問題を捨てて、どの問題で粘ったのか、小学生ながらにそういう死闘を経験することはとても貴重である。

 

2021年8月4日(水)

小5娘の学校の夏休みの宿題が去年の半分になり、その分の時間ができた。これが何に使われているのか?新たに始めたタブレット学習に多くが使われている。ビデオゲームにハマるかのように毎日タブレット学習をしている。これについて、note『タブレット学習(RISU算数)にハマる小5娘』にまとめた。

 

2021年8月3日(火)

子どもに学習習慣が身についているのであれば,親としては学校の宿題はあってもなくてもどっちでもよい。結局子どもは自分で勉強するので。しかし、教育者の立場として生徒のことを思うなら、授業を補足するような宿題を出すことはごく自然なことである。

 

2021年8月2日(月)

学校の宿題・塾の宿題・チャレンジ・RISU算数、小5娘は自分の意思でこれら4つを並行してやっている。この中で、なぜタブレット教材は『チャレンジタッチ』ではなく『RISU算数』を選んだのか?『タブレット学習(RISU算数)にハマる小5娘』というnoteにまとめた。

『教育パパですが、何か?』のつぶやき(Vol. 35)

こんにちは。『教育パパですが、何か?』です。

 

我が家の教育方針には『何事も楽しく行う』というのがあります。

 

この中には、子どもが楽しく感じていないものを楽しく感じるように努力することを含んでいます。

 

子どもが勉強を楽しくなるように親が努力する、この努力には2種類あります。

 

家庭環境を整えるという努力と親自身が勉強を楽しいものとして捉える努力の2つです。

 

 

今週(2021年7月26日~2021年8月1日)のTwitterのつぶやき(フォロワー数は約11,750人)を以下にまとめています。小5娘の学習ネタ、1歳娘の育脳ネタなど「楽しい教育パパママのすすめ」について発信しています。

 

 

2021年8月1日(日)

7月から小5娘がタブレット学習をスタートした。娘がやりたいと言ったのは『RISU算数』、予想以上にハマっている。約2週間が経った今でも、なぜ娘がこんなにRISU算数にハマっているのか? noteを書いてみた。

 

2021年7月31日(土)

小5娘の反抗は強烈である。興味のないことは言っても決してやらない。娘は学習習慣が身についているが、もし娘に学習習慣が身についていなかったらと思うと恐ろしい。ポイントは幼少期。『子どもが自然と勉強するようになる、科学的根拠に基づくたった2つのこと』を7/13にnoteにまとめた。

 

2021年7月30日(金)

『何事も楽しく行う』というのが我が家の教育方針。そのため、小5娘は楽しくないことはほぼしない。一方で、娘は毎日勉強することに抵抗がない。娘は強制されてやるタイプではないので、親からみて娘は勉強を楽しんでやっているとしか思えない。

 

2021年7月29日(木)

小学校高学年では、学習習慣が身についている子が約3割なのに対して、宿題をちゃんとする子が約8割である。科学的根拠に従うなら、夏休みの宿題はそれなりに出すべきである。しかし、宿題を減らすという方策を出す小学校がある。これはトップが自分たちの感覚で動いているというふうに見える。

 

2021年7月28日(水)

小学校の方針転換で、小5娘の夏休みの宿題の量が昨年の半分になった。この新たな方針は学習習慣が身についている娘にはマイナスに働いていない。しかし、学習習慣が身に付いていない子どもにとっては、夏休みの勉強時間が減るリスクがある。これは学習習慣のある約3割の子どもに向けた方策である。

 

2021年7月27日(火)

姉妹というのは、妹が姉に鍛えられてたくましく育つものなんだろう。小5姉の存在があって、次女(1歳5ヶ月)は自由にできない。その仕返しなのか、次女はこれあげるってモノを差し出して、取りに行ったらあげないという意地悪を姉に何度もしている。姉妹で仲は良いが、すでにライバル意識が垣間見える。

 

2021年7月26日(月)

リビング学習からの卒業。小5娘は幼児期からリビングで勉強していたが、小5になってから自分の部屋で勉強する割合が増えてきた。例えば、早朝に一人で起きて自室で勉強しているときがある。勉強しやすい場所が自然と自分の部屋になることは、自立に向けてとても良い傾向である。